読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんくさまさま

サイトやブログを立ち上げたら、SEO対策のひとつにテーマとされている被リンク!自力で可能、無料かつ有効なメモを・・・・と思いながら記事は脱線しまくりです。

このクソ親父(二部)

昭和の名作ライブラリー 第4集 男!あばれはっちゃく DVD-BOX 2 デジタルリマスター版

 

このクソ親父(一部)から つづき 

 

「ガタンゴトン、ガタンゴトン、ガタンゴトン、ガタンゴトン・・・・・・。」

 

「ポワァーーーーーーーーーーーーン。」

 

「ガタンゴトン、ガタンゴトン、ガタンゴトン、ガタンゴトン・・・・・・。」

 

また電車か・・・・Y氏は、荷物の整理をしながら、ため息をつく。

 

帰りに調達してきた耳栓をはめると、生活に必要な最低限の荷物だけを取り出すことにした。

 

そして、あとのダンボールは、部屋の隅に追いやってしまった。

 

テレビをつける・・・・あぁ耳栓をはずさないと聴こえない・・・・そして、電車が通る・・・・

 

「ガタンゴトン、ガタンゴトン、ガタンゴトン、ガタンゴトン・・・・・・。」

 

・・・・テレビの音が・・・・聴こえねぇしゃぁぁ~~~~~~~っ!・・・・。

 

深夜1時を回る頃、ようやく電車の音も、静かになった。

 

「ふぅ~っ、ようやく終電も通り過ぎたか・・・・・・・・。」

 

Y氏は、疲労とイライラがピークに達していたが、グッと我慢をして耳栓を外すと

 

電気を消して、布団に入った。天井が変わるとなかなか寝つきが悪いものである。

 

ようやくウトウトとしかけた頃、ふと何か、下のほうから、物音がする・・・・。

 

「ドン、ガシャン、バシン・・・・・・・。」

 

「いいやぁ~っ、やめてぇ~、おネガイしますっ~!!!!。」

 

「ガン、ドン、バサッ○×▼!!◎○×▼!!◎!!○×▼◎!!!、ギャーッ!!!。」

 

「痛い!痛い!、いいやぁ~っ!。カンベンしてヨォー!!○×▼!!○×▼!!」

 

 

~~~~おいおい、今度は何だよ、こっちが勘弁してくれよぉぉ~~~~っ!~~~~~

 

明らかにそれは、下の部屋から聞こえてきたのだ。

 

~~~~~~~~ドン・ピロピロピロピロォ~~~~~~~ッ!

 

真夜中にその悲鳴と喧騒は、はっきりとY氏の耳に聞こえてきたのだ。

 

Y氏は越してきて、精神的にも全く余裕がなかった為、大家さんへ少し顔を出しただけで

下の住人の事に関しては、まったく知らなかったのだ。

 

~~~~もしかして、夫婦喧嘩でもしているのかな?~~~~

 

しばらくすると静かになったため、Y氏もいつの間にか眠りについていた。

 

そして、夜が明ける頃・・・

 

「ガタンゴトン、ガタンゴトン、ガタンゴトン、ガタンゴトン・・・・・・。」

 

「ポワァーーーーーーーーーーーーン。」

 

Y氏は、ハッと時計を見る。まだ朝5時頃だったが、それは始発電車が、一番の朝を告げる走行だった。

 

~~~~あぁぁこれじゃ、体がもたないかも?~~~~

 

Y氏は、そんなことを考えながら、疲れと寝不足を引きずったまま出勤したのだが・・・・

案の定、静かなパソコンスクールの授業では、恐怖の睡魔が襲ってくるのだった。

睡魔と闘いながらも、何とかその日の仕事を終えると、あのアパートへ帰ってきた。

 

今日こそは耳栓をしたままで、早めに寝よう!

そう思いながらアパートの前までくると・・・。

 

階段のそばに、小学生ぐらいの男の子が二人と3~4歳ぐらいの女の子が一人、3人で遊んでいる。

 

~~~~3人の兄妹だろうか?~~~~

 

子供好きのY氏は、「こんにちはぁ」と挨拶をしてニッコリと笑ってみせた。

 

すると子供達は、無言のまま「キッ」とこちらを振り向くと

 

「帰ってくんなぁ~!このクソ親父!・・・。」

 

そう叫ぶと

 

一番大きな男の子が、小石を握り締めながら、明らかに敵意むき出しの目で

 

Y氏のほうをじっと睨みつけたのだ!

 

Y氏は、一瞬たじろぎ、何が起こっているのか理解できないまま、周りを見渡した。

 

 

~~~~えぇぇっ、オレの事?!、なんかしたぁ???~~~~

 

そして握り締めた、砂交じりの小石をY氏のほうへ投げつけると3人の子供達は、その場を逃げるように

 

走り去っていったのだった。

 

Y氏は、狐につままれたような顔をしたまま、しばらくその場(階段の下)を動くことができなかった。

 

 

 

 

このクソ親父(三部)へ つづく