読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんくさまさま

サイトやブログを立ち上げたら、SEO対策のひとつにテーマとされている被リンク!自力で可能、無料かつ有効なメモを・・・・と思いながら記事は脱線しまくりです。

さよなら先生【前編】

Y氏
マイクロソフト キーボード Arc Keyboard ブラック J5D-00020

 

「あと・・・たったの3ヶ月しかないんです!・・・。」

 

そういうとSさんは、ヒクッヒクッヒクッ・・と声をおさえるようにして、すすり泣きを始めた。

 

   ・・・・・・   

 

Y氏は、バブル崩壊後まもなくして、会社から自宅待機を命じられたが、

 

じっと家に篭っているのも嫌で、

 

希望退職の道を選択した。

 

しかし、全くと言っていいほど、次の転職先が見つからずに、小さなパソコンスクールで

 

講師のアルバイトを始めて1ヶ月ぐらいたった頃の話だ。

 

マンツーマンの小さなパソコンスクールだったが、生徒さんの年齢や質問や

 

パソコンで習いたい内容などもそれぞれで

 

Y氏にとっては、新しい発見もあり、とてもいい刺激になっていた。

 

Sさんと授業をするのは、今日で3回目。

 

前回は、エクセルで作った表を元に、パワーポイントの資料をまとめる内容だった。

 

パワポ部長さながら、Y氏はちょっと上司っぽくキリッとした口調で

 

Y氏:「おはようございます!Sさん、前回の資料は完成しましたか・・・?。」

 

!!!!!しかし!!!!!!!

 

3度目に会うSさんを見て、Y氏は驚きを隠せなかった。

 

Sさんは、40代後半で、クセ毛風なロングヘアーをナチュラルスタイルにして後ろで軽く縛り、

 

淡い色のブラウスと紺のタイトスカートがよく似合う清潔感が漂う女性だった。

 

いつも元気いっぱいのSさんは、Y氏にはとても好印象だったのだが、

 

今日は髪の毛もボサボサで、服装も明らかに、いつもと違う。

 

そして何よりSさんの憔悴しきった表情に、思わずY氏は目を見開いてしまった。

 

Y氏:「Sさん、どうかされましたか?・・・・大丈夫ですか?・・・」

 

それしか、かける言葉が見当たらなかった。

 

Sさんは、パソコンの前に座ってもパソコンの電源も入れようともせずに、

 

ただ遠くを見つめるかのように

 

Sさん:「もう、パソコンなんてどうでもいいでんす・・・・。」

 

Y氏:「えっ・・・・・・・・・」

 

Sさん:「家の人が、あと3ヵ月しか生きられないって・・・・・・・。」

「あと・・・たったの3ヶ月しかないんです!・・・。」

 

Sさんは、そう言うとすすり泣きを始めてしまい静かなパソコンルームに、

 

その悲痛のような泣き声は、響きわたった。

 

~~~~~~ここは、パソコンスクールしょょっっ!!!~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~ドン・ピロピロピロピロォ~~~~~~~ッ!

 

Y氏は、困り果ててしまい、他のスタッフに助けを求めようと周りを見渡したが、

 

明らかにその異様な様子に

 

他のスタッフや来校している生徒さん達も、疑惑の目を向けたまま近寄ることもできずに

 

ただじっと、Y氏の出方(様子)を伺っているばかりだった。

 

Y氏:「Sさん、とりあえず落ち着いてください。ねっ、今お茶でもお持ちしますから・・・。」

 

Y氏:「あとよかったら、これお使いください。」

 

そう言うと冷たいお茶と一緒に、以前から大事に愛用している

 

汗拭きタオルをSさんに差し出した。

 

Sさんは、お茶を一口だけ飲むとそのタオルで、軽く目の下を拭いた。

 

Sさん:「ごめんなさい・・・。」

 

Y氏:「今日は、パソコンなんて止めましょう!。もし私でよかったら、お話聴きますから・・・。」

 

日頃から、厳しいマネージャーのするどい視線を感じたが、Y氏は既に、周りなど全く気にしていなかった。

 

Sさんは、電源の入っていないパソコンのキーボードをじっと見ながら、肩を落としたまま話しを始めた。

 

Sさん:「主人がずっと腰痛が治らなくて、ツライって言ったので、私も念のため、検査すればって言ってたんだけど・・・。」
 

「先月に自分の会社を起こしたばかりで、こんな時社長が、休んでられるか!・・・って。」

「それで、やっとこの間、一緒に病院へ検査しにいってくれたんです。」

「お医者さんに、結果聴きにくるように電話があって、私昨日仕事の帰りに行ってきたんです。」
 

「そしたら、末期の肝臓ガンだって・・・・・。もう無理だって・・・。」

 

再び、すすり泣く声・・・。

 

Y氏:「・・・・・・・・。」

 

あまりにも、切なかったSさんの告白に、ついY氏も目頭に熱いもの感じたまま、じっと俯いてしまった。

 

Sさん:「こんな時に、こちら(パソコンスクール)に来るつもりもなかったんですけど・・・・。

ただ誰かに話さないと自分がおかしくなりそうで・・・すいません・・・先生。」

 

Sさん:「まだ主人にも、何も話してないんだけど、どう伝えればいいでしょうか?」

 

「いずれは、本人も交えてって・・・病院の先生も言ってるし、でもどうやって、本当の事を伝えればいいんですか?。」

 

Y氏:「・・・・・・・・。」

 

どのぐらいの沈黙が流れただろうか・・・・。

 

Y氏は、少し厳しい表情になると、Sさんに静かに言った。

 

Y氏:「Sさん、そんな大切な事を私に決めさせては、いけないと思います。」

 

「それは、家族である貴方が決めるべきことではありませんか? 貴方の愛するご主人のために、貴方が決めて話すこと・・・。」

 

「それこそがベストな判断なのでは、ありませんか?」

 

「もし、嘘をつきたいなのならそれでもかまいません。しかしいずれは、ご本人も自分の体に気が付くはず(わかるはず)です。」

 

「事実ともに、Sさんの今の素直なお気持ちを話してあげては、どうですか?」

 

そう、Y氏が話すとSさんは、スッと席を立ち、無言のまま帰っていってしまったのでした。

 

その日は、とうとう一度もPCの電源を入れることなく授業が、終わってしまい・・・・。

 

当たり前なのだが、ここはパソコンスクール・・・・。

 

そして、Y氏は、Sさんから授業料を受け取ることができず

 

~~~~~~あぁぁ、授業料は、給料から天引きぃぃぃ!!~~~~~~~~~~~

 

その後、Sさんとは、出会うこともなく、それから3ヶ月半ほど経ったある日のこと・・・。

 

Y氏は、まだ転職先が見つからずにいた。

 

いやそれどころか別居中の女房から離婚調停まで申し立てられて、Y氏は失意の中にあり、ただ漫然と自信喪失の日々を過ごしていた。

 

そんなある日の夕暮れ時、パソコンスクールの電話がなった。

 

Y氏:「ハイ、○○○○パソコンスクールです。」

 

「もしもし、Sと申しますけども、Y先生でいらっしゃいますか?。」

 

そうあのSさんからの電話だった。

 

さよなら先生【後編】へ つづく