読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんくさまさま

サイトやブログを立ち上げたら、SEO対策のひとつにテーマとされている被リンク!自力で可能、無料かつ有効なメモを・・・・と思いながら記事は脱線しまくりです。

真夜中のタクシーチケット【前編】

Y氏

f:id:maruru42i:20120703143847g:plain

 

「お客さん!お客さん!大丈夫ですかっ!降りてください!」

 

駅員さんの揺すり起こされる振動に心地よさすら覚えながら、Y氏は、ぼんやりと目を開けた。

 

~~~~しまったぁぁっっ!!!~~~

~~~~ドン・ピロピロピロピロォ~~~~~~~ッ!

 

 

急いで飛び起きて、電車を降りるものの、まだぼんやりと半分は、夢の中。

 

「・・・ここは、ドコ・・・・わたしは、ダレ?・・・・」

 

東京に出てきて十数年経ったY氏は、ようやく仕事も順調にいきかけつつあるシステムエンジニア

当時、バブル全盛期の中、一つのプロジェクトが終わりを迎えて、

チームで打ち上げをかねての飲み会をした帰り道のことだった。

 

乗り換えるはずだった○千住駅をゆうに通り過ぎて、その路線の終点駅・・・・。

そこは、「T動物公園」駅だった。

 

ふとを時計を見るとすでに、深夜1時をまわっている。

 

駅に出ると商店街の灯りもまばらで、タクシーも一台もなかった。

 

歩いて帰るには、不可能な距離・・・・。

 

どうしようか・・・・Y氏は、うろうろと駅周辺を周りながら、自らの行動パターンを模索してみた。

 

1:始発まで、開いている居酒屋を探して飲み歩く

2:マンガ喫茶で、眠ってしまう

3:24時間のカラオケで、疲れ果てるまでワンマンショーをやる

4:サウナを探して、素泊まり(一泊)する

5:とりあえず行ける所まで歩いてみる

6:雨風しのげる所で、野宿する

 

しかし、明日はプロジェクトチームの完成発表会・・・。

Y氏は、司会を担当することになっており、どうしても帰宅する必要があった。

 

さらに行けそうな、居酒屋ふうっぽいお店もなくまだ肌寒い春先の時期に、野宿は危険をともなう気がしていた。

 

 

悩み抜いたY氏は、財布の中身を確認せずにタクシーに乗る決意をした。

幸いにもちょうど駅前のロータリーに入ってきた個人タクシーに、Y氏は手を挙げた。

 

Y氏:「すいません、M戸市方面までお願いします。」

 

運転手:「ありがとうございます。M戸市方面ですね。」

 

タクシーが走り始めて間もなく、高速道路の看板が見えてきた。

 

運転手:「お客さん、高速道路使いますか?」

 

Y氏は、念のためと思い財布の中身を確認した。

 

~~~~やべぇ、これじゃ、全然、足りねぇっしぁぁっっ!!!~~~

 

走行距離や手持ちの金額を全く確認せずに乗ったY氏は、直ぐに誤算だったと気がついた。

しかし走りだしてしまったタクシーをここで降りるのも恥ずかしかった。

 

運転手:「どうされますか?」

 

Y氏は、残金が8千円しかなかったことを気にしながら、高速道路の途中でメーターがあがってしまったら大変だと思い、

 

Y氏:「いぇ、下の道(したのみち)でお願いします。」

と丁寧な口調で答えた。

 

打ち上げの後の2軒目のお店で気前よく支払ってしまったのを思い出し、後悔しているY氏を知らずに、やたらと愛想の良い運転手は話しかけてきた。

 

運転手:「何か、急なご不幸でもあったんですか?それともお仕事のトラブルか何か?」

 

Y氏:「いえ、ただ寝過してしまっただけなんです。」

 

運転手:「そうですか・・・・。ここからだとかなり遠い距離で運賃も高くなるけど大丈夫ですか?」

 

非常に恥ずかしい思だったが、やむを得ずY氏は、正直に話した。

 

Y氏:「実は・・・・8千円しか手持ちがないので、そこで降ろしていただければ・・・・。」

 

運転手:「わかりました。では近くなったら言いますね。」

 

Y氏は、後部座席で眠ることもできずに、ただひたすらに、タクシーメーターをじっと見つめていた。

 

 

 

真夜中のタクシーチケット【後編】へ つづく